~伝えたいグランマ達が残した手当ての心~

“人生を変えてくれたフィリピンのグランマのマッサージ”

私のもう一つの故郷フィリピン。そこには昔からあるヒロットと称される伝統療法があります。

自身の流産経験や卵巣の摘出手術を控えた絶望的な心身憔悴の状態の私を救ってくれた
産婆である曾祖母の手当て療法ヒロット。

痛みで動けない私の為に山に薬草を取りに行き、自家製のココナッツオイルを使ってのマッサージで献身的なケアを受けました。

日本で生まれた私。言葉も通じないフィリピン。

村には病院もなく不安になる心。その不安をぬぐってくれた祖母達の手。

気が付けば色んな人が私のお腹に触れて人に囲まれていました。

“心がそばにあることを感じた手当てのマッサージ”

おかげで痛みは引き、日本の帰国後も最終的には手術を行うことなく自然治癒力で完治。

原始的な方法ですが、こんな素晴らしい施術が当たり前のように行われているなんて…
私はあの時の感動を今でも忘れたことはありません。

そのことをきっかけにヒロットや古くから伝わる伝承療法を独自に研究、自身の経験と融合させてカマイの手技療法ができました。

全ての命は女性の身体からから生まれます。

その土台となる女性の身体は月経と共に骨格や筋肉の質が変わる仕組みがあり、そのアプローチ方法である祖母の産婆療法は整体学の宝庫。

“この手を通じ幸せにしたい人がいる”

それだけで十分。神様の元に戻った祖母が笑って言った言葉。

この世にある全ての手技療法の原点は手当ての心に通じている。

カマイに来て下さる方に祖母達の伝統療法を伝えていきたいと思います。